ワークショップデザイナー育成プログラム
Home 運営・協力団体 サイトマップ お問い合わせ
概要 コース内容 修了までの流れ スケジュール 講師紹介 受講生の声 掲載記事 よくある質問
コース内容
基礎コース
デザインコース
マネジメントコース
e-ラーニング科目
(場所:自宅学習)
e-ラーニング1
ワークショップと学び(講師:佐伯胖)
学力観を問い直すことから、ワークショップの学びとしての意味を紹介していきます。
e-ラーニング2
ワークショップってなんだ?(講師:中野民夫)
ワークショップが生まれた背景、ワークショップの分類などワークショップの概論をおさえていきます。
e-ラーニング3
ワークショップとアート(講師:平田オリザ)
地域社会と芸術という観点からワークショップを考えていきます。
e-ラーニング4
ワークショップと教育(講師:苅宿俊文)
ワークショップと教育のつながりについて考えていきます。
e-ラーニング5
ワークショップと子どもたち(講師:大月ヒロ子、吉本光宏)
チルドレンミュージアムの活動の中からワークショップを考えていきます。まとめとして、文化政策とワークショップのつながりを紹介します。
演習科目
(場所:大阪大学)
演習1
ワークショップデザインについて考える
青山学院大学では、苅宿俊文(社会情報学部教授)、大阪大学では平田オリザ(コミュニケーションデザインセンター教授)を中心に、ワークショップの実践に向けての学習をします。
演習2
ワークショップを体験する
青山学院大学では、苅宿俊文(社会情報学部教授)、大阪大学では平田オリザ(コミュニケーションデザインセンター教授)を中心に、ワークショップの基本的な意味と仕組みについて学習をします。